トップ > ウォーキング・ダイエットの効果的方法

ウォーキング・ダイエットの効果的方法一覧

ウォーキングでダイエットする、効果的な歩き方 

ウォーキングを効果的なダイエットにするためには、まず歩く姿勢が大事です。 ウォーキングを始める前の「立ち姿勢」からきちんとしましょう。基本の姿勢は、 ●視線は、真っ直ぐ前を見る●あごを自然にひく●背筋を自然に伸ばし、腰は常に同じ高さを保って歩く この立つ姿勢をちゃんとやってみると、意外と普段使ってい

ウォーキングでダイエットする、効果的な歩き方 の続きを読む>

ウォーキングのダイエットに、効果的な時間と速度

ウォーキングの効果的な速度は、少し息がはずむ程度だといいます。「ハッ、ハッ」というくらいの呼吸で、リズミカルに歩いきましょう。腕を大きく振って、腰をひねるように歩くと、歩幅も広げやすくなります。 普段のダラダラ歩きでは、あまり運動になっていません。なぜなら、ウォーキングを有酸素運動にしないと、脂肪燃

ウォーキングのダイエットに、効果的な時間と速度の続きを読む>

ウォーキングのダイエットに、効果的な時間帯とは

ウォーキングでダイエットをするのに、どの時間帯でも効果はあるのですが、できれば、いつも同じような時に歩くことが理想的です。 ◆ただし朝食前の早朝ウォーキングには、注意する点があります。 (1) それは、空腹のために血糖値が低下しているので、その状態でウォーキングなどの運動を始めると気分が悪くなったり

ウォーキングのダイエットに、効果的な時間帯とはの続きを読む>

ウォーキングの消費カロリー

ウォーキングは、手軽なダイエットとして人気がありますが、消費カロリーはどのくらいになるのでしょうか?他の運動や日常の行動と比べてみると・・・、 ウォーキング  145kcalジョギング      210kcalテニス     200kcal     

ウォーキングの消費カロリーの続きを読む>

脳細胞を育てるウォーキングの方法

ウォーキングぐらいの強度の有酸素運動が、脳の衰えをカバーすることが知られています。 アメリカのピッツバーグ大学による調査では、55歳から80歳の方々に週3回1日40分のウォーキングを1年間続けてもらい、MRIで脳を調べたところ、ウォーキングを続けた方々は記憶にかかわる脳の海馬が2%ほど大きくなってい

脳細胞を育てるウォーキングの方法の続きを読む>

ウォーキングが、乳がん患者の死亡率を低下させる?!

アメリカで行われた研究結果で、ウォーキングと乳がんに関する興味深いものがあります。それは、1週間に3時間~5時間のウォーキング相当の運動をすれば、乳がん死亡率が約半分になる、というもの。 調査は、乳がん患者2987人を対象に8年の追跡調査を行い、余暇における運動量を調べています。運動の種類は、患者に

ウォーキングが、乳がん患者の死亡率を低下させる?!の続きを読む>

このページのトップへ↑

カテゴリー
chiyoda1.jpg