Top > ウォーキングの基本 > ウォーキングの効果的な速度を測る心拍数

ウォーキングの効果的な速度を測る心拍数

まず安静にして、1分間の心拍数(心臓が血液を送り出す速度=脈拍)を測ってみましょう
左手の手首の内側にある静脈に右手の人差し指と中指を当てて、脈が打つ回数を測ります。

ウォーキングなど運動時の理想的な心拍数を出す計算式に下記のようなものがあるので、
これにあてはめてみて、ご自分の理想の心拍数を出してみましょう。

計算式: (220-年齢-安静時心拍数)×0.4~0.6+安静時心拍数
   (0.4を掛ければややゆるめの運動、0.6になるときつめの運動になります)

ウォーキングをしているときの心拍数が、その結果に近いならば、
体力に合った速さでウォーキングをしていることになります。

最初のうちは、ときどきウォーキングの途中で測ってみるといいですね。
1分間測るのは大変なので15秒程度測って、それを4倍してみましょう。

何度か心拍数を測りながらウォーキングをしていると、自分の理想の速度がわかってきます。
健康に不安がある人や、歩きなれていない人は、理想的心拍数よりも高くならないように
注意してください。

ウォーキングを続けるほど、前ほど脈拍も上がらなくなってきます。

もしウォーキングが終わった後、心拍数がなかなか下がらないならば、無理をしているかも
しれません。そういう方は、ペースを落として歩いたほうがいいでしょう。

ウォーキングを続けていけば、脂肪燃焼しやすい体になり、心肺機能が高まり、
運動能力も上がっていきます。こうなったらダイエットには効果的です。

カテゴリー
chiyoda1.jpg