Top > ウォーキングの基本 > ウォーキング前のストレッチ運動

ウォーキング前のストレッチ運動

ウォーキングを効果的にするためにも、またケガをしないためにも、スタート前には
ウォーミングアップ、軽い体操を行いましょう。

こういう事前準備によって、全身に血液が送られ筋肉が温まり、ダイエット効果も高まります。
また関節などが動かしやすくなります。

ウォーキングでは主に脚や腰を使うので、アキレス腱や脚の筋肉をほぐすストレッチを
中心にします。時間は10分ぐらいで、心臓から遠い足や腕からゆっくりウォーミングアップして、
ウォーキングの準備をします。

ストレッチの例

首を回す(目を開けたまま、ゆっくりと左右に)
膝の屈伸(両手を膝にあてて、数回伸ばす。かかとは、ずっと地面につけたまま)
膝を回す(屈伸の姿勢でゆっくり数回)
開脚 (しゃがんで、片脚ずつ伸ばす。伸ばした足のつま先はまっすぐに上を向ける)
ふくらはぎのストレッチ(片足を大きく前に踏み出し、後ろの足はかかとを地面につけて
       ふくらはぎをゆっくり伸ばす)
太もものストレッチ(立ったまま、片脚ずつ体の後ろに折り曲げ、背中に足先をつける
       かのように手で引き上げて、ゆっくり太ももの前の筋肉を伸ばす)
背中と肩のストレッチ (両手をお祈りするように胸の前で握り、思いっきり前に伸ばす。
       その後、お腹をへこませて背中を丸め、肩甲骨の脇の筋肉を伸ばすようにする。
       頭は少し前に倒す)

ウォーキング前のストレッチは、ウォーキングでの脂肪燃焼効果のアップにつながり、
ダイエット効果も高めます。

またウォーキングの途中で休むときには、このストレッチをしておくと体が冷えないでしょう。
ウォーキング途中で下半身に疲れが出たときも、ストレッチをすることで調子が戻ることもあります。

カテゴリー
chiyoda1.jpg